コラボレーション技術(2)テレカンファレス(電話会議)


 テレカンファレンスには討論を行うために同じ電話セッションに接続された複数の人が参加できる。テレカンファレンスはコストを押さえることができ、非生産的な時間を削減できまる。一方、この手法を使用した時、様々な難しさがある。例として、誰と話しているかを知る困難さであり、テレカンファレンスの進め方はバランスをもった会議を進めるためにトレーニング、経験や技術などを必要とする。難題は印刷物やその他資料の参照である。それらを確実なものにするために、全員に必要とする資料のコピーを配布したり、セッションの間、参照するドキュメントを簡潔に纏めた要約が必要とされるなど、会議の前に時間を必要とする。図表や絵でデータをレビュー、マークアップする必要があると事態は深刻である。電子会議はしばしばオンライン・コラボレーション・ソフトウエアに連動して行われている。

(江澤 智、2013.5.10 改)


本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.