CIMdata 会長、ジョン・マカレル (John MacKrell,) 、SolidWorks Communityに特集:PLM VIEW:PLM + ERP + MES =製品実現戦略 (2018年10月17日)


CIMdata 会長、ジョン・マカレル (John MacKrell,) 、SolidWorks Communityに特集:PLM VIEW:PLM + ERP + MES =製品実現戦略)
CIMdata Chairman, John MacKrell, Featured on SolidWorks Community: PLM VIEW: PLM + ERP + MES = A Product Realization Strategy
(2018年10月17日)


 エンタープライズ情報エコシステム (enterprise information ecosystem) の重要なコンポーネントとして、製品ライフサイクル管理 (PLM) とエンタープライズリソース計画 (ERP) は相反するもの (yin and yang) です。それらはビジネスの遂行を補完するものであり、あまりにも頻繁にそうであるように、張り合うものとして扱われるべきではありません。競争力のある新製品を開発し市場投入する際に、PLMとERPの両方が重要な役割を果たす訳で、製品開発プロセスとデータフローをインテグレーションで大きな価値があります。同様に、一方が他方を軽視して実装されている場合、多くの目に見えない問題があります。どこの大企業も、例えば、PLMについて、特定のPLMソリューションによって、または手動プロセスの方法でを問わず、何らかのライフサイクルベースの戦略の形態をとって、製品とその開発を管理しています。PLMの自動化は中規模企業や小規模企業でもますます増えています。また、商品機能ではなく価格、配送、パッケージングで競合する商品ベースのビジネスにも当てはまります。要するにビジネス上の優位性のために、PLMは企業がイノベーティブな製品を開発し、ライフサイクルを通じて生成された情報を管理し、知的財産を再利用するためのプラットフォームを提供するのに役立ちます。ERPは、企業が製品をよりコスト効率よく市場に投入するのを支援します。ERPは、有形財産の生産のインプットとアウトプット、すなわち資源の消費量だけでなく支出額をきっちりとトラッキングするために開発されました。さらに、ERPは製造プロセスを管理する製造実行システム  (MES) にリンクされることがよくあります。それぞれが重要な役割を担っていますが、その相互作用をうまく調整することは容易なことではありません。 PLM、ERP、MESのインテグレ_ション以外、要件の変化、市場の要求の絶え間ない変化、設計や製造上の誤りなどにより、製品の開発や生産全体で発生する絶えざる変化に対処する方法はありません。

 これらの3つがインテグレーションされている場合 (手動でリンクまたは接続されているだけでなく) 、各ソリューションのユーザーはもう一方2者からのオンデマンドで検証された情報を必要とします。 それは単なる費用対効果の問題ではありません;今日急速に進化する市場と技術の動向を考えると、ユーザーや意思決定者が遅れずについて行ける方法は他にありません。インテグレションの問題解決の困難さは、製品の変更などのプロセスをサポートするためのインテグレーションツールが不十分であることがしばしば原因です。適切に管理されたビジネスオペレーションでは、企業並びに関連企業全体 (extended enterprise) で使用しているすべての製品開発ツールで情報を適切に共有する必要があります。インテグレーションに最も複雑な製品関連のデータは、PLMを使用して管理するのが最適です。 これは、今日の新製品の開発およびエンドツーエンドのライフサイクル管理の中核です。 PLMだけが、製品要件を満たすために必要なあらゆるステップを見えるようにし、意思決定者から変更や原価がます要因が隠されていないことを確実にする柔軟性を提供します。CIMdataは、PLM、ERP、およびMESを組み合わせて完全な製品化の実現の戦略を実現するために必要な戦略を説明するための必要なスキルと経験を有しています。これは、この記事のベースとなる私のリLeadership ウェビナー “Creating Value When PLM and ERP Work Together (PLMとERPが連携して価値を創造する) ” のテーマでした。

 全編については、以下をご参照ください:
http://www.solidworkscommunity.com/feature_full.php?read=1&cpfeatureid=119226&page=al

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.