CIMdataのPLM Road Map™ EMEA 2018カンファレンスに於いて、Safran社の製品&サービスのチーフデジタルオフォサーがプレゼン (2018年9月12日)


CIMdataのPLM Road Map™ EMEA 2018カンファレンスに於いて、Safran社の製品&サービスのチーフデジタルオフォサーがプレゼン
Safran’s Chief Digital Officer for Product and Services to Present at CIMdata’s PLM Road Map™ EMEA 2018 Conference

(2018年9月12日)


 CIMdata (大手グローバルなPLMの戦略的マネージメントコンサルティング&リサーチ企業) は、Safran社のChief Digital Officer for Products and ServicesであるDaniel Dubreuil氏がPLM Road Map EMEA 2018でプレゼンを行うことを発表しました。この1日のイベントは、PDT Europeと共同で開催されます。本イベントは、ドイツ・シュツットガルトのLe Meridien Hotelで10月24日と25日に開催されます。PLM Road Mapのテーマは、Digitalizing Reality - PLM's role in enabling the digital revolution (デジタル化を実現 - デジタル革命を実現するPLMの役割) です。 

 デジタルトランフォーメーションは、PLMの進化の次のステップと考えられます。しかし、デジタルトランスフォーメーションは、PLMを超えており、PLMが中心であるはるかに広いビジネスコンテキストで活用しています。これらの新しい可能性を実現するために、PLMリソースは、より幅広いビジネス用途に対応するために、よりアクセスし易く、理解し易く、柔軟になるように進化しなければなりません。デジタルトランスフォーメーションが実際のものであるのか、最新のバズワードであるのか、多くの人々がまだ疑問を呈している現在、CIMdataのリサーチは、業界がデジタルトランスフォーメーションの約束事を真剣に受け止めていることを示唆しています。氏のプレゼンテーション、“Value Creation through Synergies between PLM and Digital Transformation (PLMとデジタルトランスフォーメーションのシナジーによる価値創造) ” では、Dubreuil氏がPLMとデジタルトランスフォーメーションのインテグレーションを成功させるための重要な課題と戦略をプレゼンします。

 Dubreuil氏は、トゥールーズの A300/A310組立ラインならびにパイロン工場でエンジニアリングと生産も関わることでエアバス社での仕事を始めました。その後、CIOおよびコComponents and Equipment事業部門を務めたAirbus Missiles (現MBDA) に入社する前にDigital Equipment Corporationに航空宇宙のマーケティングマネージャーとして入社しました。エアバス社の商用航空機に戻った後、氏はトゥールーズでA380最終組立ラインのプラントディレクターとプロジェクトリーダーの地位を保持しました。その任務が終了した後、氏はAirbus Helicoptersのインダストリアルディレクターになり、後にエアバス社の商用航空機に品質ディレクター補佐として参加し、A380タスクフォースのディレクターに就任しました。2011年5月、氏はSafran社のグループ最高情報責任者 (CIO) として入社し、2016年11月にSafran社の製品およびサービス担当チーフデジタルオフィサー (Chief Digital Officer) に任命されました。

 PLM Road Map EMEA 2018は、PDT Europe 2018と協力し、世界のPLM業界リーダーおよびPLM実践者にとって欠かせないイベントです - 業界に不可欠・重大なアイデア、トレンド、経験、および関係を育くんで根付かせる独立した教育とコラボレーションットワーク環境を提供します。

 さらなる詳細については、https://www.cimdata.com/en/education/plm-conferences/2018-plmrmeurope-pdt/2018-plmrmna-about-plmrm をご参照ください。(または、弊社まで)

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.