CIMdataのエグゼクティブコンサルタント、ケン・バースビル (Dr. Ken Versprille) 博士、Aviation Week Networkのウェビナーで基調講演(2018年9月6日)


CIMdataのエグゼクティブコンサルタント、ケン・バースビル (Dr. Ken Versprille) 博士、Aviation Week Networkのウェビナーで基調講演
CIMdata’s Executive Consultant, Dr. Ken Versprille, to Keynote a Webinar for Aviation Week Network

(2018年9月9日)


 CIMdata (大手グローバルなPLMの戦略的マネージメントコンサルティング&リサーチ企業) は、エグゼクティブコンサルタント、ケン・バースビル (Dr. Ken Versprille) 博士が、“Reimagine Aerospace Product Design with Generative Design and Advanced Composites (ジェネレーティブデザインと先進複合材料による航空宇宙製品設計の再考) ” と称した Aviation Week Networkのフリーウェビナーで基調講演を行うことを発表しました。Siemens PLM Softwareがスポンサーとなるウェビナーは、9月18日午前11:00 (EDT、米国東部標準時) に開催されます。バースビル博士のプレゼンテーションは、“Generative Design: Finding Its Way into the Product Development Process (ジェネレーティブデザイン:製品開発プロセスへの道筋を手にする” と題されています。

 ジェネレーティブデザインとは、性能要件を考慮し、最小コストや重量などの目標を最適化する物理ベースのシミュレーションやその他の解析手法を使用して、製品の形状や構成を決定するプロセスです。トポロジーの最適化は、最もよく知られたジェネレーティブデザインプロセスであり、その普及は3Dプリンティングの進歩・改善によって推進されています。しかしながら、このような設計アプローチは、多くの下流のツールがトポロジー最適化アルゴリズムの出力を理解していないという点で、伝統的な製品開発プロセスに挑んでいます。氏のプレゼンテーションで、バースビル博士は、伝統的な設計プロセスにジェネレーティブデザインを適合させるために、航空宇宙産業全体で開発されている課題とさまざまなソリューションを確認します。プレゼンテーションでは、ジェネレーティブデザインの探索を始めたばかりの企業にもアドバイスを提供します。

 バースビル博士は、エンジニアリングと製造のためのコンピュータベースのソリューションのアプリケーションで40年以上の経験を持っています。氏の研究はジオメトリックデザイン、デザインコラボレーションやオートメーション、PLM標準とオープン性、そしてPLMアプリケーション間でのCADの統合にまで及んでいます。バースビル博士は、数学的曲線と表面の定式化であるNURBSの最初の記述をCADとコンピュータグラフィックスの国際標準にしたことで認められ、2005年にはCAD SocietyのLifetime Achievement Awardを受賞しました。

 さらなる詳細はCIMdataのWebサイト、https://www.cimdata.com/en/events/cimdata-supported-events/event/414-webinar-reimagine-aerospace-product-design-with-generative-design-advanced-composites をご参照ください。

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.