CIMdata、”産業化するアディティブマニュファクチャリング” を刊行 (2018年5月23日)


CIMdata、”産業化するアディティブマニュファクチャリング” を刊行
CIMdata Publishes “Industrializing Additive Manufacturing”

2018年5月23日


 CIMdata (大手グローバルなPLMの戦略的マネージメントコンサルティング&リサーチ企業) は、“Industrializing Additive Manufacturing (産業化するアディティブマニュファクチャリング) ” と題した刊行物を発表しました。

 愛好家や早期採用者は、他の方法ではできない自由形状のオーガニック形状を作るためのアディティブマニュファクチャリング (AM) 機を使用していました。目下、エンジニアリングプロセスを改善し、より良い製品をより迅速かつ安価にしようとする産業界の企業の投資によって、最終的な工業製品の製造にAMを使用する試みがなされています。材料、法令遵守、スピード、価格、信頼性などの大きな課題が残っていますが、マテリアルサイエンスのような主要分野の勢いは、製造率のような材料印刷特性の改善に一役担うもので、最終用途の生産品質部品が可能になることを意味するものです。

 AMを使用する場合、ジオメトリ的複雑さにはコストが低いあるいはかかりません。これが意味することは、AM製コンポーネンツは、はるかに単純な形状でコストがかからず、非常に複雑なオーガニック形状を有することができることです。つまり、エンジニアは形状フィーチャの定義から目的のファンクションへのフォーカスを変える必要があります。

 本eBookは、既存設計と新規設計のいずれもを改善する機会を特定するためのDesign for Additive Manufacture(DfAM - AMを考慮したデザイン・設計) のようなAMの重要なコンセプト、エンド・ツー・エンドのAMワークフローをマップするためのVeeモデルの使用を紹介し、AMのユースケースを示し、よく見過ごされるセキュリティ分野をハイライトします。

 CIMdataのAdditive Manufacturing Strategy Consulting Practice ディレクター、ジェイムズ・ホワイト (James White) 氏によれば、「本eBookは、最高品質な終用途の製品を生産するためにAMを実装する利点を強調するだけでなく、いくつかの障壁も示しています。産業界に多くのAMの素晴らしい例がありますが、一般的にAMはその潜在能力を最大限に活用していません、つまり伝統的なモデリングマシンへの代替品のようにしばしば使用されています。要件の収集、高レベルおよび詳細な設計、パフォーマンスシミュレーションなど、包括的アプローチが必要であり、テーパの下書き、ラジアルのブレンド、パーティングラインなどの多くの製造上の規則がもはや必要なくなるため、デザインを再考する創造力が必要とされています。」と述べています。

Industrializing Additive ManufacturingのsBookのより詳細は:
https://www.cimdata.com/en/resources/complimentary-reports-research/white-papers 
. (または、弊社まで)

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.