デジタリゼーション、モデルベース X、PLMとデジタルスレッド:我々の行く先は? (2017年3月1日)


デジタリゼーション、モデルベース X、PLMとデジタルスレッド:我々の行く先は?
Digitalization, Model-Based X, PLM and the Digital Thread: Where do we go from here?
2017年3月1日


 コンピュータ支援および “モデル駆動型” 製品開発の プラクティスは、1960年代から着実に進化してきました。企業はソフトウェアを使用してデジタル化された2D / 3Dジオメトリを作成し、フィジックスベースのパフォーマンス計算を使用してそのジオメトリを評価します。産業界は、ディスクリートドメインのエンジニアのデスクトップ上に構築され使用されているツールから、よりエンタープライズ指向でインターネット対応ソリューションへと急速に進歩・発展しました。

 モデルベースのテクノロジーとプロセスを実装するための基本的なビジネスの前提と目標は、競争上の優位を生み出し、ライフサイクル全体のコストを最小限に抑え、トップラインの収益成長を促進するために、継続的な製品と製造のイノベーションを可能にすることです。選択された業界セグメントやアプリケーションドメインの中ではビジネスに大きな成功を収めていますが、ソフトウェアやエレクトロニクスのコンテンツが増え、製品とシステムの複雑さが急激に増加しています。より優れた “システム指向” のソリューションを開発し、製品開発プロセスの早い段階でより多くの “仮想” 実験を実施して、主要な製品属性とパフォーマンスパラメータを把握するために、さまざまなエンジニアリング分野に関与し、コラボレーションすることが不可欠です。

 このトピックスは、3月30日に米国ミシガン州アナーバ、4月6日にドイツのシュツットガルト、4月10日にインドのバンガロール、4月14日に中国北京、そして4月19日に東京で開催されるCIMdataのPLM Market&Industry Forumでより詳細にカバーされます。

 全文は、http://www.cimdata.com/en/resources/cimdata-blog/item/7687-digitalization-model- based-x-plm-and-the-digital-thread-where-do-we-go-from-here をご参照ください。

Your local time is  where you live.

© 1995-2015 MetaLinc K.K.