CIMdataのキース・メンティス博士、トポロジーに関する円卓会議に参加 (2017年1月26日)


CIMdataのキース・メンティス博士、トポロジー最適化に関する円卓会議に参加
CIMdata’s Dr. Keith Meintjes to Participate in Roundtable on Topology Optimization
2017年1月26日


 会議では、最適化とは何か、そしてなぜそれについて心配しているのかを見て行きます。

 CIMdata (大手グローバルな製品ライフサイクル (PLM) 市場のリサーチとコンサルティング企業) は、CIMdataのキース・メンティス博士 (Dr. Keith Meintje、Director for Simulation-Driven Systems Development Consulting Practice & Knowledge Council) が、最適設計技術の見通しを考える円卓会議での議論に参加します。メンティス博士は、Advanced Engineering SolutionsのDr. Andreas Vlahinosに加わります。

 歴史的に、エンジニアは、業界の知識、専門知識、審美性に基づいて製品の外観を決定することができました。今、彼らは、最小コストや重量などの性能要件と目標を考慮する物理ベースのシミュレーション手法、ジェネレーティブデザインのテクニックであるトポロジ最適化、そしてAIのようなアルゴリズムからのインプットを考える他のテクノロジなどのジェネレーティブデザインを伴う利用可能な代替のパスを持っています。

 円卓会議での議論は、デジタルエンジニアリング (DE) のKenneth Wongが司会を務めます。議論されるトピックスには、デザインの最適化の仕組、AIまたはソフトウェアが提案した回答が信頼でき得るか、自動化されたデザインが設計・デザインのエンジニアの交代をもたらすかなどが含まれます。

 円卓会議での議論の詳細と参加登録は、
https://event.on24.com/eventRegistration/EventLobbyServlet?target=reg20.jsp&partnerref=blog&eventid=1334796&sessionid=1&key=C13A72C764F4257D9B93B14952FC9FF5&regTag=&sourcepage=register まで。

キース・メンティス博士について
キース・メンティス博士は、製品開発を変革するためのシミュレーションのツールとアプリケーションの開発に30年以上の経験を有しています。メンティス博士の業績には、燃焼シミュレーションの斬新な方法、エンジン設計の特許、世界最大の商用HPC施設の戦略計画などがあります。CIMdataに入社する前は、ゼネラルモーターズに30年近く従事し、GMのグローバルCAE ITインフラストラクチャのエンジニアリング要件を担当し、シニアテクニカルフェローに任命されました。

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.