Siemens PLM Softwareアナリストイベント 2016(2016年11月10日)


Siemens PLM Softwareアナリストイベント 2016 (論評)
Siemens PLM Software Analyst Event 2016 (Commentary)
2016年11月10日


※本資料は、2016年9月20日(現地時間)にCIMdata者(本社: 米国ミシガン州アナーバー)が発表したCommentary (論評) の抄訳です。

重要事項 (Key takeaways):

  • Siemens PLM Softwareは、社の予測分析向けの取り組みを加速するために、買収を進めたCD-adapco社とPolarionの統合を迅速に進めている。
  • Siemens PLM Softwareは、顧客がより効率的で、費用対効果の高い製品やソリューションを生み出し、デリバリーに役立つようにデザインした設計と解析の最適化の新しい機能を紹介した。
  • ジェネレーティブデザイン (Generative Design) は、顧客の設計プロセス、シミュレーション&解析、アディティブマニュファクチャリングに於いて、多面的なデータ (Faceted Data) をすばやく活用することに役立つようにデザインされたMCADの新しい機能である。
  • Siemens AGは、Siemens PLM Software組織からの大きな支援を受け、UGS PLM Solutions買収の際のオリジナルのアナウンスで展開した統合化されたライフサイクルビジョン (PLM—Automation) を提供している。

 CIMdata社は、米国ボストンで9月6〜9日に開催されたSiemens PLM Softwareの年次アナリストカンファレンスに出席しました。イベントは、Siemens AGのビル&エネルギー管理のイベントとリンクされており、6日に行われたSiemens AGのチーフ・ストラテジー・オフィサーであるHorst J. Kayser博士の基調講演を共に拝聴しました。氏は、「Siemens in the age of Digitalization」と題し話をすすめ、「Siemens - Ingenuity for Life」を紹介しました。Kayser博士は、Siemens AGの「Vision 2020」の持続的成長を進め、新しい経営モデルを実装し、デジタルトランスフォーメーション市場での水準を向上させ、本物のオーナーシップ文化を喚起させる「Making real what matters”」について説明をしました。

 Kayser博士は、我々の明日の世界を形成する以下の5つのメガトレンドの文脈をもってあらゆるものを必要があると述べました:

  • 人口動態の変化 - 成長と高齢化
  • 都市化 - GDP成長の主要ドライバーとしての都市
  • 気候変動 - 地球温暖化と異常気象
  • グローバリゼーション - 海外投資増加傾向
  • デジタルトランスフォーメーション - つながるデバイスの指数関数的発展・成長

 デジタリゼーションに向けた動きは、社のオートメーション (Automation) と電化 (Electrification) に於ける現行の強みを超えて、さらに幅広く、卓越した機会を提供するであろうと、Siemens AGは考えています。同社はこの戦略をサポートするために、Siemens PLM SoftwareのポートフォリオにLMSとCD−adapcoを加えるための1.5億米ドル (およそ1,500億円、100円/US$換算) 以上の出費を含み、かなりの行動をとりました。

 デジタリゼーションにより、新しいデータプラットフォームの増加・増殖が進み、一部には伝統的な競合相手から、あるいは大部分は新しいプレイヤーからやってきます。Kayser博士は、勝者となるのは、これらプラットフォームからインサイ トを顧客の生産性と効率性に向けて最高に設定・調整できる企業であると述べました。Kayser博士は、Siemens AGはこのトレンドにうまく対処する立場をとっていると考えている二つの発表に焦点をあてました。つまり、2014年10月に発表したビッグデータアナリティクスエンジンのSinalyticsと、2015年11月に発表した産業界向けのSiemens AGのクラウドソリューションであるMindSphereです。ここでの後半のプレゼンテーションでは、これらの製品群がSiemens PLM Softwareの全体ビジョンとPLMソリューション製品群にどのように適合するかについて強調しました。

 7日の水曜日のPLMオープニングの基調講演に於いて、Digital Factory DivisionのCEOであるJan Mrosik博士は、製造業界全体至るところで企業に対して本質的な要件、すなわちソフトウェアとIoT (Internet of Things) の相互接続を拡大する際、市場へのスピード、柔軟性、効率性、常にセキュリティを向上させるなど強調しました。Jan Mrosik博士によれば、アイディエーション、実現、利用・活用はすべてに相互に接続され、それによってバリューチェーン全体のデジタルツイン (すなわち、製品、プロセス、および機器が1つのデジタルモデルに統合されている) を創りだすことが企業に求められています。Jan Mrosik博士は、自動化した方法でそれを行い、クローズドループの製造を生み出すために生産ラインとプロセスのシミュレーションを可能にすることによって、企業は巧みにカスタマゼーションの処理を行う必要あると述べました。企業は、それらを最適化できるプロセスと生産へのアナリティクスを可能にする必要があります。CIMdataは、スマートで接続された製品の爆発的増加は、新しい能力・機能、相互作用、また難しいことなく入手可能な動作・運用上の情報の利点を利用してより高度なシステムズエンジニアリングやシステムオブシステムズへと企業をドライブする点に同意します。

 Siemens PLM SoftwareのCEO兼社長のChuck Grindstaff氏は、あらゆる業界の企業のためにデジタリゼーションがどのように新しいビジネスモデルをドライブしているかを含み、如何に "デジタリゼーションがあらゆるコトを、あらゆるところで変化を起こすか (Digitalization Changes Everything, Everywhere) " を説明しました。それは相乗効果とバリューを見つけ出すことが成功への鍵となる様々な専門分野の交点をドライブしています。Grindstaff氏は、グローバル経済を通じての変化の波紋を説明するために、“フォーチュン500の過半数の企業が2000年以降消え去っているのはデジタルが主な理由である (Digital is the main reason just over half of the companies on the Fortune 500 have disappeared since the year 2000) “ を述べたAccenture CEOのPierre Naterme (ピエール・ナンテルム) を引き合いに出しました。氏はまた、2016年3月のMcKinsey & Company Reportに、デジタルモデルへの転換を試みた企業の50%以上が失敗する (that over 50% of companies that attempt to move to a digital model will fail.) " を述べたJohn Chambersも引き合いに出しました。Grindstaff氏は、失敗の理由を以下のように示しました:

  • Digitalを社の企業戦略の中心に据えてない
  • 企業はサイロ化した最新のデジタルテクノロジーに投資し、水平展開で仕事することに失敗している
  • 失敗企業は、あくまで業務の効率化を目論んだバックオフィス戦略としてデジタルを解釈をしている
  • 失敗企業は “digitization (デジタイゼーション) ” を考え、“digitalization (デジタリゼーション) ” を考えてない

 Grindstaff氏によれば、変化のスピードは増大しており、テクノロジーが持つ力は、ジェネレーティブデザイン、インテリジェントモデル、機械学習などを通して実現したシステムズオブシステムズ、アディティブマニュファクチャリング、高度なロボット工学などのようなアプローチを用いて製品が世の中に出て来る方法を変えることで産業界を変革しています。氏は、それらがクラウドテクノロジー、ナレッジオートメーション、ビッグデータアナリテクスなどを通してどのようにに進化するかを力説しました。企業は、アイディエーション - 実現 - 利用・活用のライフサイクル (製品、プロセス、サービスについての) の継続的なビジネス変革を可能にするために、変化と崩壊に応えることが必要です。Grindstaff氏は、このために、デジタルスレッド全体につながっているデジタルツインがあらゆる段階で必要とされることを述べました。CIMdataは、製品とプロセスのアナリシスとシミュレーションを可能にするデジタルツインを創ることは、製品をより効率的かつ効果的にデザイン・設計をして保守をするための鍵であると考えています。

 Grindstaff氏は、デジタリゼーション (digitalization) 時代の課題 (challenges) に対応するために必要となる資質を社の顧客に提供することを可能にするために、Siemens PLM Softwareは、新しいテクノロジーとソリューションをどのように開発かつ/あるいは獲得しているかの説明を続けました。それには、PLMとオートメーションの真のインテグレーションを提供するエンジニアリングと製造の間の完全なるクローズドループ、予測的エンジニアリングアナリティクスの提供、ジェネレーティブデザインと新しい最適化能力・機能を用いて製品開発を変革、スマート製造やデジタルマシンショップの展開、情報とプロセスの可視性および実用的な意思決定のための見識・洞察をもってのパフォーマンスの向上・改善などを含まれています。CIMdata社では、Siemens PLM Softwareは、企業が社のエンジニアリング、製造、保守のリソースとプロセスについてより効率的でより良く活用して仕事をすることをより効果的に可能にする有効で総合的なアプローチを取っていると考えています。

 販売、マーケティング、サービスのExecutive Vice President (EVP) であるTony Hemmelgarn氏は、続いて “Making the Value of Digitalization Real” について話しました。価値は、多くは “ベストプラクティス” と参照されている既存のプロセスから得たり、それらを模倣することでは得ることはできません。Hemmelgarn氏によれば、それは変化や混乱していることへの迅速な対応に対して企業にすぐにでも役立つ次なるプラクティスを言うものです。氏は、Siemens PLM Softwareは単にソフトウェアだけを販売しているのではなく、社の顧客に変革を生み出しており、“the way ideas come to life”  の変革を行う支援していると述べました。CIMdataは、変革 (transformation) は、市場に於いて長期的な成功 (すなわち、プロセス、製品、ソリューション、システムを変革する) に鍵であると考えています。

 顧客からの基調講演者、BSH社のGIT-PLであるUwe Tontsch氏は、BSH社のPLMに関する歴史と将来のビジョンについてプレゼンテーションしました。BSH社は、1967年にSiemens AGとRobert Bosch GmbHとの合弁会社として設立され、2015年初めにBosch Groupに売却されました。Tontsch氏は、バーチャル製品開発から販売、サービス、そしてIoTコンテンツのサポートまで及ぶ製品ライフサイクルのエンジニアリングバックボーンを如何に構築したかを説明しました。氏は、過去の取組・努力は有効であるものの、次のレベルに進むためには十分ではなかったことを述べました。成功裡に前進させるために、BSH社は以下の点にフォーカスしました:

  • 消費者中心主義
  • ブランドの差別化
  • デジタルへの移行とユーザーエクスペリエンスを推し進める
  • イノベーションを強化し、ポートフォリオを拡大する
  • オペレーショナルエクセレンスをドライブする
  • リーダーシップスタイルを発展させる

 Tontsch氏は、デジタル変革は避けて通れないものであり、同社が顧客に如何に関わるかを再定義するためにソーシャルプログラム、クラウド、モビリティ、ビッグデータアナリティクスを活用して製品とサービスを生み出さねばならないと述べました。氏は、IoTが新しい機会 (例えば、ソフトウェアとサービスで成長を持続する、アナリティクスからのナレッジでイノベーションを進める、プレミアム価格を保つ、顧客をワクワクさせる、ブランド価値を維持するなど) を提供するスマートでつながる製品をもって如何に家電にインパクトを起こしているかに加えて、端から端までの能力・機能をもつ新しいプラットフォームとプロセス、プロセスの最適化でなく、すなわちプロセスリエンジニアリング、セキュリティ - より複雑/より脆弱、複数のエコシステム、そして成熟などを必要とする重要な課題も生み出していることを論じました。氏はまた、製品開発の複雑さが人々が異なった考えで各々異なる働きをしなければならないことでシステムオブシステムズに如何にシフトしているについてコメントしました。企業は製品アーキテクチャマネージメントの戦略を確立する必要があり、R&Dのリーダーは社の “プラットフォーム” としてPLMの戦略的オーナーシップを持つ必要があります。ここ数年の間、CIMdataは、企業のIT戦略の一環として、ビジネスプラットフォームを明確に定義して展開する重要性を説明して推進してきました。

  Senior Vice President (SVP)  兼 CTO (Chief Technology Officer) であるJim Rusk氏とそのチームは、古典的なB-REPをNX 11のファセットジオメトリと正確なジオメトリーにマージすることができるコンバージェントモデリングの紹介を含み、Siemens PLM Softwareからの新しいテクノロジーの進展の多くのをかいつまんで提供しました。 Parasolidジオメトリックカーネルの中に実装されたコンバージェントモデリングは、デジタルにスキャンしたモデルのリバースエンジニアリングを実行、CAEとのインターフェイス、またアディティブマニュファクチャリングへのモデルを準備する際に、ワークフローを改善することを約束するものです。CIMdataは、生産性と使い易さに於いてユーザーに大きな利益を提供するこの進歩・向上、特にシミュレーションと解析がよりデザイン・設計をドライブしていることとアディティブマニュファクチャリングがより広く行き渡ってきていると見ています。

 VP, Lifecycle Collaboration SoftwareであるEric Sterling氏は、Teamcenterの最新状況を説明しました。氏は、Active Workspaceの採用と利用は急速に増加しており、その展開にはより多くの人々を社内のプロセスに巻き込み、製品データがより多くの方法で利用されていることを述べました。アナリストイベント全体を通して、Active Workspaceは、様々多くのアプリケーション (例えば、TeamcenterやNX) で利用されていることが示されました。CIMdataが特に効果的であると見たものは、ユーザーがTeamcenterが管理するデータとプロセスにフルアクセスすることで彼らのお気に入りのアプリケーションで作業できるようするために、他のSiemens PLM Software製品の多くの中に如何にシームレスで透過的に埋め込まれていたかです。

 Sterling氏はまた、製品ライフサイクル管理、製造オペレーション管理 (MOM) 、統合生産オートメーションが構築される中でTeamcenterが如何にしてコラボレーションプラットフォームであるかを説明しました。CIMdataは、これら三つの領域の間の共通プラットフォームと機能統合の組み合わは、Siemens AGが最初にUGS PLM Solutionsを買収した時に描いたPLMオートメーションビジョン (PLM—Automation vision) を現実なものにすることをSiemens AGが行えるようにするものと考えています。このコラボレーションバックボーンは、Siemens PLM Softwareがビジネス課題を解決するためにタスクベースのツールを使うことをより良く可能にするもので、固有なユーザーケースに対して、能率的で簡素化されたプロセスベースの能力を提供するものです。同社はまた、一度開発されていたり、NX、MES、ALMなどのようなツール間で共有したりしているユーザーエクスペリエンスの投資により良く活用や再利用することができます。

 Sterling氏はさらに次のようなSiemens PLM Softwareの5年のビジョンを説明しました:

  • 物理的なコンフィグレーションとBOMのコンテキストでのシステム主導による製品開発 (Systems driven product development)
  • 初期の製品定義からデザイン・設計、生産、そして販売後のサポートまで全体のハイパフォーマンスで顧客のプロセスをサポートする統合ソリューション
  • 機械、電気、ソフトウェア、そして製造要件にバランスあるメカトロニクスシステム
  • 統合されたユーザーエクスペリエンス

 最後に、Sterling氏は、大規模で複雑な製品 (例えば、船舶、航空機、自動車、設備など) の作業する場合、ユーザーが関心あるデータとモデルを探し出し、アクセスするための新しく、より高速な方法を提供するスマートディスカバリー機能を説明しました。例として、ユーザーは、機体の胴体中央にあり、またECS (Electrical Control System) の中に、温度には敏感でない、そして100ミリの発電機の内部であるというようなコンテンツを探し出すことができます。Sterling氏はまた、この秋、Teamccenterをリモートでインストール、パッチ、そしてアップグレートを行なうためのWebベースシステムであるDeployment Centerの開設を述べました。これはTeamcenterを維持し、進化させるために必要とする時間と労力を大きく削減すると考えます。

 Jean-Claude Ercolanelli氏、SVP Product Managementは、CD-adapcoの買収について、そしてそれがSiemens PLM Softwareの製品群の中にどのようにインテグレーションされているかを論じました。CD-adapco製品群の一部であるデザインプロセスオートメーションと複合領域探査 (multidisciplinary exploration) 向けのHEEDSは、シミュレーションプロセスを自動化することで予測エンジニアリング分析を提供し、製品を改善し、大幅に開発コストを削減することができ、新しいデザインコンセプトの探求に役立ちます。Siemens PLM Softwareは、HEEDSおよびその他の最適化ツールの利用を拡大しており、CIMdata社は、顧客が市場にイノベーティブな製品を出すための時間を短縮し、コストの低減に努める際にその顧客の大きな便益になり得ると考えています。

 シミュレーション&解析向けの単一、複合領域環境向けのLMSの製品群だけでなく、最近買収したCD-Adpcoの予測エンジニアリングアナリティクスを通してアイディエーションやイノベーションを可能にするSiemens PLM Softwareの新しい環境であるSimcenterは、NX CAE製品群の機構・構造シミュレーション、熱シミュレーション、そしてフローシミュレーション向けのマルチフィジックスモデリング機能とCAD中立の拡張性の高い組み合わを一つにまとめたものです。これらのツールの多くは、ネイティブのディスクトップ版だけではなく、WEBベースのアプリケーションで管理されたデータを経由して利用可能になります。SimcenterアプリケーションとTeamcenterやSiemens AGの他のハードウェア/ソフトウェアプラットフォームのインテグレーションは、“デジタルツイン” ビジョンに於ける製造や機械装置のインサービスアプリケーションの領域へ及ぶことになる “クローズドループ (closed loop) ” システム主導型製品開発アプローチを可能にするものです。

 Zvi Feuer氏、SVP Manufacturing Engineering SoftwareとRené Wolf氏、SVP MOM Segmentは、Siemens PLM Softwareは、リアライゼーションの変革を進め、企業がバーチャル、リアルを行うための支援をどのようにしているかのプレゼンテーション進めました。両氏は、企業が失敗  (failure) を予測したり排除することを可能にするために製造工程をデジタル化し、プロセスをデリタリゼーションしてデータを分析し、デジタルナーバスシステム (digital nervous system) に基づいたナレッジを蓄積するなどが必要であることをコメントしました。Feuer氏は、製造オペレーションに合わせた継続的な計画の改善推進に加えて、製品のデザイン・設計と生産を同期することを企業がよりすぐれた方法で可能にするために、如何にSiemens PLM SoftwareがPLMとMESを結びつけたかを述べました。

 両氏は、“Intelligent Automation” は、生産システムエンジニアリングの統合と自動化、PLCの自動生成、インテリジェント生産のためのMOMの利用などを進めるSiemens PLM Softwareの戦略であると述べました。両氏はまた、これを行うことは、先端的・高度なテクノロジー、スマート製造、デジタルマシンショップなどが必要であるとコメントしました。Siemens PLM Softwareは、この取組みを推進する要素は、高度なロボット工学、インテリジェントオートメーション、生産がどのように実行されているかを予測する方法なdpであると考えています。CIMdataは、PLMと製造エンジアニングをリンクすることは、より優れた生産の最適化へのシミュレーションすることと品質プロセスのクローズドループを創ることを企業に可能にすると考えています。

 二人の講演者は、実用価値のある見識・洞察を生成し、新しいビジネスモデルを創生することでデータを収益化することに加えて、企業が如何にスマートにつながる製品とアナリティクスを利用してデータを集めてナレッジに変換することを可能にするかを説明することで締めくくりました。CIMdataは、Siemens PLM Softwareは、PLMとオートメーションのインテグレーションについてSiemens AGがUGS PLM Solutionsを買収して以来、発展させていると考えています。弊社は、このインテグレーションは、企業が製品ライフサイクルのデザイン・設計と製造の段階全体でより効率的に成ることの支援ができると考えます。

 Peter Weckesser氏、EVP兼COOは、企業は、現行の製品にフォーカスしたものから顧客中心の考え方に如何にシフトしなければならないかを論じました。氏は、デバイス管理、簡単な接続性、仮想化データマネージメント向けに必要なデータストレージと関連するインフラストラクチャを組みわせる包括的でコスト効率が高いクラウドベースのデータホスティングプラットフォームであるMindSphereを紹介しました。MindSphereは、クラウドでアプリケーションを開発、拡張、運用のために使用できるオープンプラットフォームとして言われています。OEMは、シミュレーションを実施したりビジネスプロセスの最適を行うとに加えて、グローバルに分散したマシンツール、産業用ロビット、または産業用機器などをモニタリングできます。CIMdataは、顧客に対してシステムオブシステムズやIoT時代でより一般的になるつながるデバイスを管理するためのプラットフォームを提供すると考えています。

 Kirk Gutmann氏、SVP、Industry Strategyは、社のインダストリーキャタリストおよび8業種にフォーカスした垂直市場ソリューションを含み、インダストリープログラムのアップデートを提供しました。CIMdataは、インダストリーソリューションとキャタリストについて昨年から大幅な進歩をし、すべての業種のインダストリーソリューションとキャタリストがリリースされ、いくつかのケースで様々なものが利用可能になっていることを確認しました。加えて、能力・機能は単なる技術的な機能ではなく、固有のビジネスプロセスに対処するために編成されています。CIMdataは、こららのアプローチは、顧客に対してより迅速に価値を得る支援ができると考えています。CIMdataは、これら機能の強みを如何に得ているかを顧客とお話できることを楽しみにしています。

 金曜日の朝、Siemens PLM Softwareの講演者、Andreas Saar氏、VP Manufacturing Engineering Solutions、Aaron Frankel氏、Senior Director Marketing,、およびSiemens AGのCorporate Technology、Christoph氏とPrincipal Key Expertは、アディティブマニュファクチャリングがデザイン・設計プロセスにどのような影響を与えるかを含め、アディティブマニュファクチャリングが将来のデジタル工場をサポートするためにどのように開発が進められているかを述べました。

 Siemens PLM Softwareは、従来の方法では多くの場合、製造することができない形状を機能的に最適化して生み出す多岐にわたるアディティブマニュファクチャリングをサポートするためのソフトウェアテクノロジーの開発を進めています。製造側では、複数のマテリアル (multi-material)、粉末ベース (powder based)、インクジェットバインダー (inkjet binders)、ダイレクトレーザー焼結/溶融 (direct laser sintering/melting) などを含めサポートすべき様々多くのアディティブテクノロジーとハイブリッドプロセスが存在します。講演者は、Siemens PLM Softwareは、形状を分析し、特定のプロセスのための最適化を行うソフトウェアを創り出していることを述べました。このセッションでの重要ポイントは以下の通りです:

  • 以前は解決不可能であったデザイン・設計や製造の問題は、新しいテクノロジーをもって、すなわちイノベーティブ的な思考をもってソフトウェアならびに生産両者の組合わせで解決することができる。
  • テクノロジーをエンドツーエンド全体にわたって如何にすり合わせるかのビジョンを持っており、市場が進んでいる方向へのしかるべき位置にビジョンを盛り込んでいる。

 CIMdataは、応用に向けに正確な形状、マテリアル、また製造プロセスの選択に役立つますます賢くなっているデザイン・設計ツールによってドライブされている新しいハイブリッドアプリケーションは、以前には実現不可能であった新らしく、イノベーティブな製品の開発について企業への支援になると考えています。

 まとめとして、Siemens PLM Softwareは、業界平均以上に大きな成長をし、適切かつ十分な事業を継続しています。イベント全体を通して講演者は、顧客の製品やその顧客が提供する価値の向上・改善に役立たせるために、最近の買収が如何にインテグレーションなされているかの例を解説し、明らかにしました。Simcenterのようなソリューションや予測エンジニアリングや最適化向けの社のツールは、今後の数年の間に社の顧客に相当な恩恵を提供する必要があります。CIMdataは、デジタリゼーションをイノベーションと効率性の両方の観点で引き起こしていることを通じ、如何に開発が生産と統合するかについて、Siemens PLM Softwareのビジョンならびに実施遂行を長期にわたって考えています。エンドルーエンドなアディティブマニュファクチャリングのサポートは、有益なのまるごとを提供するものとして、Siemens AG の価値の良い例です。最後に、CIMadataは、Siemens PLM Softwareのオートメーションの能力・機能は、顧客での本番使用への準備ができていると考えています。MindSphereのようなSiemens AGの他のソリューションは、PLMとオートメーションのソリューションを補完し、Siemens Digital Factory部門が製造を行っている顧客に、アイディエーションから実現化&利用・活用全体により効率的かつ効果的に運用することを実現することに役立つものです。

アディティブマニュファクチャリング:熱交換器などの例(2017.3.10 追加)

20160910_Siemens_120160910_Siemens_220160910_Siemens_320160910_Siemens_420160910_Siemens_520160910_Siemens_620160910_Siemens_720160910_Siemens_8
Your local time is  where you live.

© 1995-2015 MetaLinc K.K.