GMのウルリケ・ワルネッケ博士 (Dr. Ulrike Warnecke) 、グローバル自動車業界向けのPLM Road Mapで講演 (2015年10月15日)


GMのウルリケ・ワルネッケ博士 (Dr. Ulrike Warnecke) 、グローバル自動車業界向けのPLM Road Mapで講演
General Motors’ Dr. Ulrike Warnecke to Present at CIMdata’s PLM Road Map for the Global Automotive Industry
(2015年10月15日)


 CIMdata (大手グローバルなPLMの戦略的マネージメントコンサルティング&リサーチ企業) は、GM Vehicle Engineering Europe 9Adam Opel) 、Systems Development & CAx Supportのエンジニアリング・グループ・マネージャであるウルリケ・ワルネッケ博士 (Dr. Ulrike Warnecke) がグローバル自動車業界向けのPLM Road Mapで講演を努めることについて発表をできることを光栄に存じます。グローバル自動車業界向けにフォーカスしたこの1日のイベントは、ドイツのミュンヘンのThe Sofitel Munich Bayerpostにて11月24日に開催されます。

 アイディエーション、製品の概念化と現実化、生産、そしてサポートに関与するシステムズ・エンジニアリング、シミュレーションと解析、その他分野は、複数の専門領域でのライフサイクルの最適化が必要条件であることを認識し始めています。これを達成するために、モデルバースのエンジニアリング・テクニックや製品ライフサイクルを通してすべての機能領域全体で変更の影響を完全に理解・確認するテクノロジーに目を向けています。氏 (her) のプレゼンテーション、Model-Based Systems Engineering and Product Lifecycle Management、ワルネッケ博士は、GMが製品イノベーションプラットフォームの中核要素して、真のエンド・ツー・エンドのモデリングとシミュレーションをその考えを如何に展開させて可能にしているかを述べます。

 ワルネッケ博士は、2002年にCAEエンジニアとしてOpelに入社しました。現行の役職以前は、氏はVirtual Design Integration & Systems Engineering / PLMのためのエンジニアリング・グループのマネージャでした。ワルネッケ博士は、ドイツのハノーバー大学 (the University of Hannover) から機械工学の修士号 (master’s degree in Mechanical Engineering) を取得し、同大学で機械工学博士号 (doctorate in Mechanical Engineering) を得ました。

 グローバル自動車業界向けのPLM Road Map 2015は、自動車産業のエグゼクティブ (OEMおよびサプラヤ) やPLMの現場の担当者にとって参加必須のイベントです。第三者的な立場での教育やA&D産業の育成・醸成に重要なアイデア、トレンド、経験また関係へのコラボレーティブなネットワーク環境を提供するものです。このイベントのテーマは “Automotive’s High Tech Revolution (自動車のハイテク革命) ” です。

さらなる詳細な情報は、http://www.cimdata.com/en/education/plm-conferences/2015-plmrm-auto  にて。

Your local time is  where you live.

© 1995-2015 MetaLinc K.K.