BASFのスヴェトラーナ・ダイモフスキー博士、CIMdataのワークショップ、ソーシャル製品開発&コラボレーションで講演 (2015年7月21日)


BASFのスヴェトラーナ・ダイモフスキー博士、CIMdataのワークショップ、ソーシャル製品開発&コラボレーションで講演
BASF’s, Dr. Svetlana Dimovski, to present at CIMdata’s Workshop on Social Product Development & Collaboration

2015年7月21日


 CIMdata (大手グローバルなPLMの戦略的マネージメントコンサルティング&リサーチ企業) は、スヴェトラーナ・ダイモフスキー博士 (Dr. Svetlana Dimovski) 、BASF社の Innovation Excellence へのシニアマネージャがCIMdataのソーシャル製品開発&コラボレーション・ナレッジカウンシル (Social Product Development & Collaboration Knowledge Council) のワークショップに於いて、プレゼンテーションを行うことを発表しました。ワークショップは、米国ケンタッキー州ルイヴィル (Louisville, Kentucky) に於いて、10月7〜8日に実施します。

 ダイモフスキー博士のプレゼンテーション、外部パートナーとのイノベーションを解き放す (Unleashing Innovation with External Partners) は、企業のイニシアチブからグローバルムーブメントが如何に大きなものかを見る、確立された企業は継続的にイノベーションをする、また世界を繋げる方法を刷新しながら伝統を維持などです。プレゼンテーションは、本年、150年の記念の年を迎えるBASF社のダイモフスキー博士の経験の披露から始まります。プレゼンテーションは、大組織に於いて複数のポジションからリードしてグローバルな共創 (co-creation) への動きを起こすためにどのように加速、成長、そして解き放すかについてのインサイトを提供します。卓越したイノベーション (innovation excellence) に向けてのBASFの探求 (BASF's journey) の重要な見識、例えば、複雑さをナビゲートする、組織的なマトリクスに於けるイノベーションをリードする、誰にも実験をし貢献するための場を作る、転換点 (tipping point) への同期、アライメント、転換点の先に行く、グローバルなオープンイノベーションコミュニティを作る、コミュニケーショNんとBASFの150周年記念でのオープンイノベーションを整えるなどが披露されます。

 ワークショップは、10月7日午後に開始し、10月8日に完了します。First BuildのMicrofactoryの見学 (A personal tour) が初日の午後のハイライトの一つになっています。ワークショック全体を通して、CIMdataのソーシャル製品開発&コラボレーション・ナレッジカウンシル&コラボレーション・ナレッジカウンシルと先端的なユーザーのグループは、成熟企業が如何にしてイノベーションと共同価値創造のための新しいコラボレーティブなパートナーシップモデルを考案して採り入れているかの現実的な例を共有します。CIMdataのコラボレーティブなイノベーション&ソーシャル製品開発コンサルティングのDr. Suna Polat (ディレクタ) とCIMdataのソーシャル製品開発&コラボレーションのプラクティスマネージャのDr. Ken Versprilleがワークショップを導きます。

 ワークショップの詳細は、http://www.cimdata.com/en/education/knowledge-council-workshops/2015-spdc-workshop まで。

スヴェトラーナ・ダイモフスキー博士、BASF社、Senior Manager for Innovation Excellenceについて

 スヴェトラーナ・ダイモフスキー博士 (Svetlana Dimovski, Ph.D.) は、BASF社のInnovation ExcellenceとOpen Innovationプログラムを率いています。BASFのOpen Innovationチームは、BASFとのイノベーション・パートナーシップを促進させる道すじ、プロセス、また組織的構造を作ることにフォーカスしています。BASFに於いて、ダイモフスキー博士は、社員にイノベーション力を増すことを支援する学習経験を作るためのミッションであるクロスファンクションなイノベーション・コンピテンシーもリードしています。オープン・イノベーション、イノベーション・コンピテンシー、またその他の類似のプログラムは最先端のイノベーション能力を開発するBASFのコミットメントの部分であり、イノベーション・エクセレンスの文化になっています。

 ダイモフスキー博士は、イノベーションとテクノロジー・コマーシャリゼーションについて多くの講演をしています。氏の関心には、瞑想、執筆、またpurpose-inspired leadershipなどを含めます。氏は、現在、新しいマインドフル・リーダーシップの著作を進めています。

本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.