CIMdata サナ・ポーラ (Suna Polat) 博士、CoDev 2015と連携してワークショップをホスト(2014年11月4日)


CIMdata サナ・ポーラ (Suna Polat) 博士、CoDev 2015と連携してワークショップをホスト
CIMdata’s Dr. Suna Polat to Host Workshop in Conjunction with CoDev 2015
2014年11月4日

 CIMdata (大手グローバルなPLMの戦略的マネージメントコンサルティング&リサーチ企業) は、サナ・ポーラ (Suna Polat) 博士,コラボレーティブイノベーション&ソーシャル製品開発コンサルティング・プラクティス (Collaborative Innovation & Social Product Development Consulting Practice) ディレクターは、米国アリゾナ州スコッツデールで2015年2月9-11日に行われる CoDev 2015 と連携してワークショップをホストすることになったことを発表しました。ポーラ博士は、pre-conference deep-dive workshop  (カンファレンスに先駆けての内容の深いワークショップ) をホストします;“Strategies, Tools and Technologies to Maximize Connectivity, Collaboration, and Innovation (コネクテォビティ、コラボレーション、そしてイノベーションを最大化する戦略、ツールとテクノロジー) ”。このワークショップに於いて、ポーラ博士は、新しいアイデアを市場にもたらしているすべての段階でコラボレーションに必要としている本質的なソーシャルプロセスとしてイノベーションを吟味します。

 ソーシャル、モバイル、またクラウドテクノロジーの進歩により、組織のビジネスやイノベーションの目標をサポートすることに於いてコネクティビティとコラボレーションを向上させるために現在より良い方法があります。このインタラクティブなワークショップに於いて、参加者は実績のある戦略、ツール、また支援するためのテクノロジーを学ぶことになるでしょう:

  • より良いアイデアを起こす
  • より速く問題に対処する
  • 新しいイノベーションで市場化の期間 (time-to-market) を加速する
  • より良き意思決定のための集合・集団的知性 (collective intelligence) を活用する

 ポーラ博士は、これらの結果を達成するために業界のリーダーによって使用されているプラクティスのみならず商用ソリューションもレビューし、氏は、ワークショップの参加者から提起された質問にお答えします。

 “企業は、競争力を維持したいならば、イノベーションを高め、開発効率を向上させ、コストを削減することが必要としています” と、ポーラは述べています。“重要な要素としての ‘コラボレーション’ にすべて伴うオープンイノベーション、クラウドソーシング、コ・クリエーションは、現在、主流となっています。しかし、これらのアプローチの可能性を最大限に実現する上での課題が残っています。このワークショップに於いて、例とグループ討論を通して、我々は、これらチャレンンを克服するためとより良い効率的なイノベーションへのオープンパスを支援できる戦略、ツール、またテクノロジーを探し、切り開きます。”

 ポーラ博士は、テクノロジー開発、製品開発、イノベーションマネージメント、戦略的イノベーション能力の実装に於いておよそ25年の経験を有しており、Procter & Gamble (P&G) での氏の経歴・活動を通じて、またその後の氏自身のコンサルティング業身で、モデリングとシミュレーション、ナレッジマネージメント、オープンイノベーション、またソーシャルテクノとジーを含み、変更や採用・適用を推進しています。

 CoDev 2015の最新のニュース、特別登録の提供、また詳細な情報は、http://www.codevpd.org/CoDev2015/CIMdata.htm にて。


本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。 

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.