CIMdata、モデルベース・システムズエンジニアリング (Model-Based Systems Engineering) をウェビナーで紹介する(2014年10月9日)


CIMdata、モデルベース・システムズエンジニアリング (Model-Based Systems Engineering) をウェビナーで紹介する
CIMdata to be Featured in Webinar on Model-Based Systems Engineering
2014年10月9日

  CIMdata (大手グローバルなPLMの戦略的マネージメントコンサルティング&リサーチ企業) は、ANSYSがホストする近々のウェビナーで、エンジニアリング・チームがをモデルベース・システムズエンジニアリング (MBSE) テクノロジーとプロセスを進める際、ビジネスチャンス (business opportunities) や彼らが直面している実装課題 (implementation challenges) についてジョン・マクレル (John MacKrell, VP) 解説することを発表しました。

 “エレメカシステムはソフトウェアの比重がますます大きくなり、システムズベルの定義に対するニーズが、要件への適切な適合性を保証するために必要になっています” と、マクレルは述べています。“CIMdataは、一般的にいうシステムズエンジニアリングプロセスのかなりのリサーチを行っており、特にモデルベースシステムエンジニアリング (MBSE) を進めています。このウェビナーで、我々は、リサーチがMBSEプロセスとソリューションの成長が告げていることからその調査結果を説明します。” マクレルはCIMdataで20年以上、エンジニアリングおよび製造へのコンピュータベースのソリューションのアプリケーションで40年以上の経験を有しています。氏は、製品管理、マーケティング、R&D、またコンサルティングの上級職を歴任してきました。

 マクレルは、CIMdataの数十年の経験に基づいた業界のベストプラクティスと学んだ教訓とANSYSと行った最近のMBSEサーベイについて報告します。サーベイの初期のサマリー結果が提示されます。MBSEプロセスとツールを今日、効果的に利用している分野はどの分野なのかが明らかにされ、それだけではなく、今後、最大のビジネスへのインパクトを約束する改善領域なども明らかにされます。ウェビナーは、MBSEの機能・能力を実装することに関して、上級管理者の当該企業の組織のベースライン成熟度のアセスメントを定式化をする方法を理解することを意図としています。

 ウェビナーは、2014年11月11日 (火) 午後4時 (EST、米国東部時間) に開催されます。詳細な情報と登録は、http://www.ansys.com/Campaigns/Model-Based+Systems+Engineering にて。


本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.