CIMdataの社長、ピーター・ビレロ (Peter Bilello) 、PI San Diegoで講演(2014年10月8日)


CIMdataの社長、ピーター・ビレロ (Peter Bilello) 、PI San Diegoで講演
CIMdata’s President, Peter Bilello, to speak at PI San Diego
2014年10月8日

 CIMdata (大手グローバルなPLMの戦略的マネージメントコンサルティング&リサーチ企業) は、ピーター・ビレロ (Peter Bilello,社長) が、米国カリフォルニア州サンディエゴで2014年10月21&24日に行われるPI San Diego 2014で講演することを発表しました。ビレロは、10月22日午後2時20分で “Evolving Systems Thinking and Re-design to Support the Shift to a More Circular Economy (さらなる循環経済への移行をサポートするために進化しているシステム思考と再デザイン) ” をプレゼンテーションします。ビレロによれば、“‘take, make, dispose (得て、作り、捨てる) ’ モデルは過ぎ去りました。さらなるコスト効率的で環境に優しくであるためには、持続可能性に大きな動きが業界全体で進められています。これはさらなる循環経済につながっています。” ビレロは、テクノロジー、戦略、そして簿ともラインでの思考にこの変化の意味を説明するものです。

 プレゼンテーションのハイライトには以下のようなものが入ります;

  • 何故、循環経済 (Circular Economy) に移行するのか?
  • システムレベルの再定義のために効率的な戦略とフレームワークを作り出す方法
  • 線形モデルを放棄するシステムへの影響は?
  • リユース、リサイクル、そしてアップサイクル周辺のシステムの再デザイン・設計する
  • 廃棄物をデザイン・設計する
  • 強化された製品ライフサイクルを通してパワーの源泉 (capital ) を再構築する

 “我々は、如何に製品を開発、生産、およびサポートするかを再考する時であります。”と、ビレロは述べています。“”循環経済 (Circular Economy) は、製品ライフサイクルへの我々の線形アプローチを再考することを我々に課しています。我々は、自身のアプローチを大幅に変更することを必要とし、または我々は、完全な持続可能な製品のデザイン・設計、生産、デリバリー、そしてサポート行うことにはなりません。ビジネスモデル、ポジショニング、プラットフォーム、ソリューションの提供すべてが、循環経済 (Circular Economy) をサポートすることを必要としています。”

 ビレロは、世界のリサーチ、エンジニアリング、また製造の組織のためのビジネスに対応するITソリューションの開発に25年以上の経験を有しています。氏は、PLMの分析、選定、適用・実装、またトレーニングに関与しています;CAD/CAM/CAE/CIMの適用・実装とマネージメント;シンクロナス&リーン生産コンサルティング;ソフトウェア・エンジニアリング、および一般的なデータマネージメント戦略の開発とサポート。氏は、PLMと関連トピックスの多くの論文とリサーチレポートを執筆しており、氏の記事、論評、また視点は米国、欧州、アジアの至るところの出版物に登場しています。

 PI San Diego 2014のニュース、登録、また詳細は、http://us.picongress.com/ に。


本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。 

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.