CIMdata ピーター・ビレロ (Peter Bilello) 社長、PDT Europe 2014でキックオフを(2014年10月7日)


CIMdataの社長、ピーター・ビレロ (Peter Bilello) 、PI San Diegoで講演
CIMdata’s President, Peter Bilello, to speak at PI San Diego
2014年10月7日

 CIMdata (大手グローバルなPLMの戦略的マネージメントコンサルティング&リサーチ企業) は、ピーター・ビレロ (Peter Bilello、社長) は、フランス、パリで2014年10月14&15日に行われるPDT Europe 2014に於いて、モデルベース・システムズエンジニアリングの適用 (model-based systems engineering adoption) でのPLMプラットフォームの出現と主要課題についてプレゼンテーションを行うことを発表しました。ビレロによると、“PLM業界は、エンド・ツー・エンドのビジネス・プラットフォームの可能・有効化の加速時代に入っています。昨今の展開・開発や買収の戦略は、PLMソリューションプロバイダーの方向や業界の要件を描き説明するものです。堅牢で弾力性のあるビジネス・プラットフォームを可能・有効にすることへの転換は、業界のユーザーとのPLMソリューションプロバイダーのいずれにも根本的な変化が必要です。” とのことです。氏のプレゼンテーション、Bridging the Requirements Gap with Model-Based Systems Engineering (モデルベース・システムズエンジニアリングとの要件の隔たり) に於いて、ビレロは、企業がシステムズエンジニアリングを採用する際に直面する主要な課題に焦点を当てます。

 “私は、非常に魅力的に三つのトレンドの集大成として、PLMの ‘platformization (プラットフォーム化) ’ を視ています;個人の生産性向上ツールの進化、企業並びに関連企業 (extended enterprise) レベルに個別 (discrete) のエンド・ツー・エンドのライフサイクルマネージメント機能の移行、そしてより大きな機能横断と企業並びに関連企業 (extended enterprise) のコラボレーション” と、ビレロは述べています。“私のプレゼンテーションを通して、CIMdataのリサーチからの主要な識見と教訓を共有し、ワークショップはオープンな議論の場にしたいと存じます。

 ”ビレロは、世界のリサーチ、エンジニアリング、また製造の組織のためのビジネスに対応するITソリューションの開発に25年以上の経験を有しています。氏は、PLMの分析、選定、適用・実装、またトレーニングに関与しています;CAD/CAM/CAE/CIMの適用・実装とマネージメント;シンクロナス&リーン生産コンサルティング;ソフトウェア・エンジニアリング、および一般的なデータマネージメント戦略の開発とサポート。氏は、PLMと関連トピックスの多くの論文とリサーチレポートを執筆しており、氏の記事、論評、また視点は米国、欧州、アジアの至るところの出版物に登場しています。

 PDT Europe 2014の最新のニュース、登録、詳細については、 http://www.pdteurope.com/ にて。


本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。 

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.