デビッド・ロング (David Long) 氏、INCOSE (International Council on Systems Engineering) 会長、CIMdataのシステムズエンジニアリング・ワークショップで講演(2014年6月3日)


デビッド・ロング (David Long) 氏、INCOSE (International Council on Systems Engineering) 会長、CIMdataのシステムズエンジニアリング・ワークショップで講演
David Long, President of the International Council on Systems Engineering (INCOSE), to Speak at CIMdata’s Systems Engineering Workshop
2014年6月3日

 CIMdata (大手グローバルなPLMの戦略的マネージメントコンサルティング&リサーチ企業) は、INCOSEのデビッド・ロング (David Long) 氏が6月24日の社のシステムズエンジニアリング・ワークショップで講演を行うことを発表しました。

 ロング (David Long) 氏のプレゼンテーションは、“Model-Based Systems Engineering at the Age of Eight”は、OMGのSysMLでの適用後の8年間のモデルベースシステムエンジニアリング(MBSE)を注視するものです。 モデルベースはシステムの領域で話題になっており、モデルベース・パラダイムを通じてシステムズエンジニアリングの慣習を変えるために、新しい表現、標準、手法、および技術の開発に組織は多額の投資を行っています。このプレゼンテーションでは、MBSEとは何か、またそうでないについて考察します。プレゼンテーションではまた、次なる失敗の銀の弾丸 (silver bullet:特効薬) になるのとまったく異なり、MBSEがシステムズエンジニアリングを成功裡に変化させる場合、強みと弱み、強化・補強すべき点、また対処すべき点についても見てゆきます。

 CIMdataのシステムズエンジニアリング・ワークショップは、システムズエンジニアリングに関わり合いのある産業界の組織 (エンドユーザー) とソリューション・プロバイダーにとって参加必須のイベントです。システムズエンジニアリングの育みを進め、根付かせることに重要であるアイデア、トレンド、経験、また関係・関わり合いについて独立した教育やコラボレーティブなネットワーキング環境を提供するものです。参加者は、現行のベストプラティクスをしっかりと理解し、CIMdataのシステムズエンジニアリング・カウンシルが現在進めていることについての考えをしっかりと捉えることができます。内容についてはこちらを参照ください

INCOSE会長 (President) 、デビッド・ロング (David Long) 氏について

 世界的なシステムズ・コミュニティの献身的なメンバーであるデビッド・ロング (David Long) 氏は、INCOSEの2014/2015年の会長です。ロング氏は、米国ワシントン首都圏の支部長としてチームに、またMember Board Chair、コミュニケーション・ディレクター、戦略ディクレターを含み国際的な役職をもって、1997年以来、INCOSEに奉仕しています。氏は、基調講演やシステムズエンジニアリング入門を含めチュートリアル、モデルベース・システムズエンジニアリング (MBSE) の先進的なアプリケーション、およびシステムズエンジニアリングの将来について提供をしており業界の世界的なイベントで頻繁に講演を行っています。2006年には、ロング氏は、組織への氏の多くの貢献が認められ、権威あるINCOSE創設者賞 (INCOSE Founders Award) を受賞しました。

 20年以上にわたり、ロング氏は、システムズエンジニアリング実践の状況・立ち位置を変革するためにMBSEを可能にする、適用・応用する、そして促進することに注力しました。ロング氏は、氏自身が開発・展開し、商品化し、世界中で利用されている先進的なシステムズエンジニアリング・ソフトウェア環境であるCORE®のVitech社の創立者で社長です。氏のキャリアを通して、ロング氏は、システムの専門家が利用可能な分析やコミュニケーション・ツールキットを拡充するためにシステムズエンジニアリングのリフィンおよび展開する重要なテクノロジーとマネージメントの役割を果たました。彼の経験と努力は、現代の課題にこの重要なアプローチの基本概念を広げるために役立たせるたえめにモデルベース・システムズエンジニアリングに対する入門書の共同著者へと彼を導いきました。 氏は、次世代のシステムの開発と展開を組織に支援するために革新的で業界をリードするソリューションを提供するVItechのチームをリードして行くことを続けています。

 ロング氏は、 Engineering Science and Mechanicsの学士号に加えて、バージニア工科大学 (Virginia Tech) のシステムズ・エンジニアリングの修士号を取得しています。


本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.