CIMdata、 Virtually Delivered High Performance 3D Graphicsについてのホワイト・ペーパーを刊行(2013年10月15日)


CIMdata、 Virtually Delivered High Performance 3D Graphicsについてのホワイト・ペーパーを刊行
CIMdata Publishes White Paper on Virtually Delivered High Performance 3D Graphics
2013年10月15日

 CIMdata (大手グローバルな製品ライフサイクル (PLM) 市場のリサーチとコンサルティング企業) は、リモート3D可視化と仮想化の技術の実世界のアプリケーションのリサーチを進めた “Virtually Delivered High Performance 3D Graphics: Secure collaboration with 3D data on all devices” と題したホワイト・ペーパーの刊行を発表しました。

 “一枚の絵は一千語に匹敵する(A picture is worth a thousand words)” 。この旧い言葉は、いつの時代も変わらず今日でも当てはまるものです。写真(すなわち、重いグラフィック・コンテンツを持つ)は、インターネットまたは企業の広域ネットワーク(WAN)を使用して簡単に転送するためにはまだまだ大きすぎます。歴史的に、専用の3Dグラフィックス・ハードウェアを持つハイパワー・デスクトップ・コンピュータが、データの制作と変更をサポートするために必要とされています。加えて、大規模なファイル・サイズが原因で、3Dデータは、リモートサーバからファイルのオープンにはあまりにも時間がかかることで、ローカルネットワーク上に置いておく必要がありました。最近、20~30年に渡って、企業は予想を超えて正にグローバルになってきています。中規模企業、また小さな企業であっても、輸送、物流、コンピューティング、あるいはコミュニケーションの技術の進歩によって、世界中からのリソースを活用することが可能です。“場所を問わない設計と製造(Design Anywhere, Build Anywhere)” というものが、より優れた製品を迅速に,そして低コストで提供するための分散しているリソースの優位性を得ることことが重要な戦略になっています。この戦略を実行するために、正しいデータとアプリケーションが、人々がどこにいるかにかに関係なく、適切なタイミングに適切な人々にアクセス可能になっている必要があります。

 CIMdata社でのリモート3Dグラフィックスや仮想化技術への我々のリサーチでは、その利点が本物であることが明らかにされています。データアクセスとセキュリティの問題は、リモート3Dグラフィックス技術を活用することによって対処することができます。仮想化のための最新のソリューションは、大きなグラフィック・データセットのレンダリングと可視化のために効率的に分散することが、予知可能で、また拡張を可能にしています。グラフィックス・プロセッシング・ユニット(GPU)の仮想化に於ける今後の機能強化は、より効果的でコスト効果が高くかつ柔軟にものになる技術をつくりだすでしょう。

 本ペーパーに於いて、CIMdataは、リモートアクセス技術によって対処すできるようなったデータや3Dアプリケーションに関連するビジネス上の問題をレビューしています。本ペーパーでは、仮想化の概要(柔軟性ある3次元可視化戦略の費用対効果の実装を可能しているキーテクノロジーについて)についても盛り込んでいます。

 Virtually Delivered High Performance 3D Graphics: Secure collaboration with 3D data on all devicesisは、CIMdataのサイト(Publications web pag)で、無償でダウンロード可能です。または弊社まで。または、弊社まで


本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2015 MetaLinc K.K.