ジャガー・ランドローバーのエグゼクブ、ジョン・ナイト-グラグソン (John Knight-Gregson) 氏、PLM Road Map 2012で基調講演に加わる(2012年9月4日)


ジャガー・ランドローバーのエグゼクブ、ジョン・ナイト-グラグソン (John Knight-Gregson) 氏、PLM Road Map 2012で貴重講演に加わる
Jaguar Land Rover Executive, John Knight-Gregson, to Join the Keynote Lineup at CIMdata's PLM Road Map 2012
2012年9月4日

 CIMdata (大手グローバルPLMマネージメント・コンサルティング&リサーチ企業) は、ジャガー・ランドローバー (JNR - Jaguar Land Rover) の i-PLM Program Lead 担当のジョン・ナイト-グラグソン (John Knight-Gregson) 氏が、PLM Road MapTM 2012 に於いて基調講演のプレゼンテーションを行うことを発表しました。一連の基調講演には、自動車専門家のディビッド・コール博士 (Dr. David E. Cole) 、ジョージア工科大学のディミトリ・メィブリス (Dimitri Mavris) 教授、Danaのフランク・ポッピリアス (Frank Popielas) 氏、EADSのトリスタン・ジャガデン (Tristan Gegaden) 、CAD ソフトウェア・アントレプレナーであるジョン・ハーシティック (Jon Hirschtick) 氏、またフォードのマーク・ジョンソン (Mark Johnson) 氏の皆さんを連ねています。PLM Road MapTM 2012は、10月2日および3日に Inn at St. John’s (デトロイト郊外) にて開催されます。

 PLMは、事業能力・機能の改善を進め、競争優位を達成するために仕組まれた非常に評判の良いコンセプト、ビジョン、また戦略となっています。多くは、無駄を排除し、新製品の市場投入加速の時間を削減し、コラボレーションを改善・向上させ、あるいはオープンイノベーションのためにと幅広いソリューションの適用でPLM開始に投資をしましたが、少数ですが、 “真のPLM (true PLM) ” の効果を現実に達成しました。

 タタ・モーターズによる取得に引き続きフォードからの移行後 (“Clone and Go” project) 、JLRは非効率なプロセスと複雑なレガシーアプリケーションの様相を継承していました。以後、JLRは、仮想製品に関連したデータをよりよくアクセス出来るようにし、より良くすることで製品へのマネージメントを再びコネクトするPLM変革に投資をしました。i-PLM プログラムは、“single source of truth (所謂、唯一の正しい情報” を作ることを目的として真のPLMソリューションを実装・展開するすためのビジネス変革プログラムとして、2008年に考えだされた計画です。その結果は、広く利用になるビジネス情報、ならびに “一度だけ作成し、何回も使用する” 再利用可能性を実現することです。ジョン・ナイト-グラ‘グソン氏の基調講演、 “PLM Transformation: Setting Up the Program Framework (PLMにより変化:プログラムフレームワークを設定する) ” に於いて氏は、 Tata Technologies によってサポートされて来たJLRのPLM変革ストーリ (PLM transformation story) を通して、参加者にPLM Road Mapを提供します。氏は、ビジネスの変革をするために、また新しいPLMプロセスの全面的なビジネス効果・利益を現実なものするために必要とされる組織的且つ文化的な変化・改革を支援するための利害関係者のガバナンスに関連した強固なプログラムマネージト方法論を含む重要なる成功要因を解説します。

 PLM Road Map 2012は、グローバルで活躍する産業界のPLMの専門・実務家のための参加必須のイベントであり、それは、産業界にとってアイデア、トレンド、知恵・知識、また重要な関係が生み、育み、そして定着させる独立した教育や共同ネットワーク環境を提供しています。それは企業が、難しい製品開発、製造、また適用の課題などを満たすために如何に成功あるPLM戦略を用い、ソリューションを実現するかに焦点を当てた戦略的なカンファレンスです。PLM Road Map 2012は、グローバルな製品開発とイノベーション・プロセスの変革に焦点を当てた一連のプレゼンテーションで、参加者が現在の考え方を新しいレベルにシフトするために対応する2日間のイベントです。PLM Road Map 2012は、PLMに対してスムーズ且つ迅速に進むために、異なった専門・学問的分野横断と産業界の横断的知識とフィードバックを活用することを企業に支援する主要な国際的なイベントです。PLM Road Map 2012に関する詳細な情報、私どものwebサイトへ(http://plmforesight.cimdata.com/index.cfm?content=include_conference12.cfm)または、弊社まで

ジャガー・ランドローバー (JNR - Jaguar Land Rover) 、ジョン・ナイト-グラグソン (John Knight-Gregson) 氏について

 ジョン・ナイト-グラグソン (John Knight-Gregson) 氏は、 ジャガー・ランドローバー (JNR - Jaguar Land Rover) に於いて、PLMビジョンならびに戦略に対する i-PLM Program Lead の責任者です。氏は、i-PLMとして知られる新しいPLMソリューション (その中核としてのダッソー・システムズの V6 と共に) を提供するための責任を担っています。氏は、パワートレイン設計と開発に始まり、CADおよびCAEを管理を進展させ、PD ITを実行し、フォードにJLR RMTI (プロセス、メソッド、ツール、情報) の表明をし、ツールとテクノロジーグループを管理し、そして全社横断のJLR PLM戦略を立案し、デリバリーをするなど、ジャガー・ランドローバーに於いて長期のエンジニアリング経歴 (30年) を持っています。

 ジョン・ナイト-グラグソン氏は、堅牢な品質、ビジネス主導型PMTIを提供する上で、氏の従前の役割に尽力しました。氏はまた、フォードからタタ・モーターズへの所有権の転換時の運用継続性を確保する上で重要な関係者でした。

 ジョン・ナイト-グラグソン氏は、 サルフォード大学からの機械工学での学士号を持ち、ジャガーカーズで、氏はアストン大学からの先端テクノロジーの修士号を取得しました。


本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.