CIMdata論評:Siemens PLM Software、LMSの買収へと(2012年11月8日)


CIMdata論評:Siemens PLM Software、LMSの買収へと
Siemens PLM Software to Acquire LMS
2012年11月8日

 LMS International(MSI)買収のシーメンスPLMソフトウェアの発表は、PLM業界における重要な出来事です。結果は、幅広いなPLM分野における主要なプレーヤーと最高のシミュレーション、解析、そしてテストに関するソリューションでありサービスプロバイダーの一社の合併となります。シーメンスPLMソフトウェアは、社の意図は、 "クローズドループなシステム主導型の製品開発ソリューションを提供するため" であると述べています。 シーメンスPLMソフトウェアの製品ライフサイクルマネージメントのソリューションとLMSのシミュレーション、解析、そしてテスト機能を一体にし、インテグレーションを通して品質を改善・向上させるための能力を組み合わせたこのクローズドループ・コンセプトは、両社の顧客に広範な利益を提供することになります。シーメンスは長年にわたりシステムエンジニアリング機能を開発・展開して来ています。今回の買収は、シーメンス自身の多くの顧客で、システムズ・エンジニアリングの実装についての取組み、それら技術を供与する、より重要なのは、幅広いチームが経験したことを強力に後押しをするものです。さらにこの組合わせは、機械と電気を用いたデザイン、ソフトウェアの専門領域をまたがってシステムズ・エンジニアリングをより広範に適用することを可能にし、製品コンセプトから設計の最後までに渡り幅広くコントロールをするものです。

 両社は、共通な顧客にシステムズ・エンジニアリングとソフトウェア・ソリューションを提供するために、長年に渡り共に仕事をしていることが証明するように、共通なビジョンだけではなく共存できる文化も共有しています。両社の顧客基盤はオーバーラップしており、特に自動車関連でありますがその他の業種でも同様であります。 この買収は、LMSが現在カバーしていない特定の市場への参入に役立つことが期待されます。シーメンスPLMソフトウェアは、ダッソー・システムズやPTCからの各社など他のPLMスイートでのLMS利用のサポート継続をコミットすることを表明しました。

 LMSの物理的なテストを行う支援ツールおよびサービスとシーメンスPLMソフトウェアのテストデータマネージメントにTeamcenterを適用するための便益を得る方向を決定することでシナジー効果が期待できます。これについては、LMSとシーメンスPLMソフトウェアのユーザは、製品開発プロセズ全体を通しての検証と品質マネージメントのインテグレーションを改善することが可能になります。100%の仮想シミュレーション、分析、およびテストを実現することは可能ではないかもしれませんが、シーメンスPLMソフトウェアは、テストへの依存を削減するという目標をサポートするツールとサービスの強力なセットを持つことになります。

 買収の一連の手続きは2013年初頭に完了する見込みです。完了後は、シーメンスPLMソフトウェアは、組織的な問題・結果とその製品ロードマップに関するより詳しい情報を提供すると述べています。

CIMdata Site (Siemens PLM Software to Acquire LMS (Commentary))


本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.