CIMdataとNAFEMS、シミュレーションと解析のコミュニティへの二つのユニークなイベントを提供するためにジョイント(2012年2月23日)


CIMdataとNAFEMS、シミュレーションと解析のコミュニティへの二つのユニークなイベントを提供するためにジョイント (CIMdata and NAFEMS Join Forces to Offer Two Unique Events for the Simulation and Analysis Community)
2012年2月23日

 イベントは、2012年5月に米国オハイオ州シンシナティで開催

 米国ミシガン州、アナーバー、2012年2月23日 - CIMdata、大手グローバル製品ライフサイクルマネーメント (PLM) のコンサルティング並びにリサーチ企業は、CIMdataのシミュレーション&解析カウンシル (Simulation & Analysis Council) とNAFEMSシミュレーションデータマネージメントワーキンググループが、シミュレーションと解析のコミュニティーのメンバーが直面している重要な課題に取り組む上での発展段階のベスト・プラクティスを探求する他に例のない二日間のプログラムを実施するために両者はジョイントします。イベントは、オハイオ州シンシナティで5月1~2日に開催されます。

 5月1日の一日目に、CIMdataのシミュレーション&解析カウンシルと最先端のユーザーのより抜きのグループは、シミュレーションの適用でコンセプトデザイン、製品開発、また製造で競争優位を創りだしたことについての共有します。ワークショップは、CIMdataのシミュレーション&解析のプラクティスマネージャのキース・メンティス博士 (Dr. Keith Meintjes) によって進められます。 ワークショップは二つの重要領域、シミュレーション・ガバナンス (simulation governance ) とシミュレーション主導デザイン (Simulation-driven design) にフォーカスします。シミュレーション・ガバナンスの目的は、企業のシミュレーションベースの意思決定に対する能力に影響を及ぼすことになる内部ポリシー、標準、プロセス、資源、ルール、メトリクス、そしてベスト・プラクティスなどのガバナンスのフレームワークを提供することです。シミュレーション主導デザインは、製品開発の観念化 (ideation) と概念 (concept) フェーズを通してシミュレーションの効果的利用に向けられます。二日目は、NAFEMSシミュレーションデータマネージメントワーキンググループが、出席者がシミュレーションデータマネージメントシステムの適用・実装から得られる利益・効果 (benefits) をよりよく理解するためにシンポジウムを主催します。利益・効果 (benefits) には、効率向上、開発コスト低減、また市場化期間の改善などがあります。シンポジウムの目的 (primary focus) は、企業が経験したこと、教訓・学んだこと、シミュレーションの処理能力のブレークスルーする改善で得た利益、解析担当者の生産性、製品のパフォーマンス、また情報のトレーサビリティなとについて共有することにあります。

 このイベントの詳細情報は、CIMdata's Simulation & Analysis Workshop / NAFEMS' Simulation Data Management Symposium

pict 20130301

本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.