CIMdata、 "CAD選定の考慮事項:マルチCAD管理" を刊行(2012年7月19日)


CIMdata、 "CAD選定の考慮事項:マルチCAD管理"を刊行
CIMdata Publishes "CAD Selection Considerations: Multi-CAD Management"
2012年7月19日

 CIMdata (大手グローバルな製品ライフサイクル (PLM) 市場のリサーチとコンサルティング企業) は、マルチCAD環境でCADユーザーがデザインを行えるようにするツールの重要性に関して助言をする新しいペーパーを発表しました。

 競争的な状況にいる製品開発者は、生産性に焦点をあてることが求められいます。もはや製品開発者自身選択のデザインスイートと異なるCADソリューションで創られた製品モデルを再度生成する余裕というものはありません。散り散りになった作業グループ、買収、サプライチェーンとの相互作用などを考えると、マルチCAD環境は一般的なものであり、また当然のこととなります。モデリング・ソリューションを選択する際、将来のユーザーは、スムーズな移行を提供し、インポートしてモデルのジオメトリの操作したり、編集をする能力を提供する方法に於いて、代わりとなりうるCADフォーマットをインポートするためのニーズを評価する必要があります。

 マルチCADの状況を論じる際、多くの企業は、彼らが設計データを共有しなければならない必要となるすべてのCADソリューションのライセンスを購入する戦略に陥り、異なるソリューション間のデータ変換を実行します。しかし、このアプローチのコスト負担は非常な大きなものになります。本ペーパー (シリーズの二番目) は、最先端のユーザーにとって非常に重要であることが判明しているCADソリューションの中で第三者の設計データを扱うための機能的な能力の多くを確認し、レビューします。

 “CAD Selection Considerations: Multi-CAD Management” は、CIMdataの Publications web page から無償でダインロードできます。弊社迄 (こちらから)


本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.