モノづくり? - モノづくり


 「モノづくり」は何時、誰が創った言葉(Teminology)を伺い知ることが難しいものです。しかし、多くの場面で引合に出され、使われています。それは何の為だろうか?我々の顧客への「商品」を創ることの総称なのだろうか?また、PLMとどのような関係を持てるのだろうか?

 とかく日本(人)は仔細なものを得意を言われ勝ちであるは歴史を見れば、必ずしもそうでないとかんがえます。今で言う、ビジョン、プロジェクトマネージメント、コンフィグレーションマネージメント、トレーサビリティなど包含したモノづくりのノウハウ、さらにシステムズ・エンジニアリングがあったと信じております。

(江澤 智、2013.5.10改)

20020727 姫路城 w500

姫路城(兵庫県):城を支える重要な基礎は様々な形状の石から構成される。それは厳格な仕組を設定せず、大きなマイルストーンを設け、それを様々な人々がコラボレーティブに支えて行く、日本のプロセスを彷彿させるものである。








20010419 奈良 w500

東大寺(奈良県):世界最大の木造建築。高さ50mを超えるこの木造建築を、天平の人達はどのように築いたのだろう。おそらく、確かなる、戦略、設計&プロセスの技術がなけれなならない。それは職人の匠に対する高いレベルのマネージメントがあったに違いない。








本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2015 MetaLinc K.K.